棚SCAN DT-5300版 在庫僅少のお知らせ DT-5300版は2016年1月現在、在庫僅少となっています。今後お問い合わせいただくタイミングによっては、棚SCANライトのみのご案内となる場合があります。何卒ご理解・ご了解の程お願い致します。

棚SCANとは

陳列商品のバーコードをスキャンして、棚割システムへ連携することで実際の売場を再現するシステムです。
誰でも手軽に棚割データを収集することができ、棚割の検証や提案活動に役立ちます。

棚SCAN活用のヒント
店頭棚割の把握がカテゴリーマネジメント力向上の近道

インターネットを利用したPOSデータの配信など、企業間では様々なデータの共有が進んでいます。しかし、本当に売場を改善するために必要な情報の整備は、まだ十分とは言えません。商品がどのような位置で、どれくらいのフェイス数で販売されていたのかという事を把握してこそ、適切な品揃えや棚割の改善が実施できます。棚SCANがあれば、店頭の棚割データを手軽に収集する事ができます。

その計画は確実に実行されていますか?

棚割システムの普及、担当者のスキルアップなどにより、品揃えや棚割の計画力は日々向上しています。しかし、取引先と小売本部で合意した棚割計画も、店頭で必要なタイミングに実施できていなければまったく意味がありません。店頭の棚割データを収集する事で各店舗の実行力を評価する事ができます。

棚SCANと棚割システムの併用で、棚割会議を効率化

実際の什器や商品を用いて意見を交わす棚割会議はとても有効ですが、さらに棚割システムを併用する事で、手軽に派生パターンを作成したり、棚割データを蓄積したりする事ができます。
棚割会議の場で棚SCANを利用すれば、素早く棚割をデータ化して棚割システムに取り込む事ができます。棚割会議と棚割システムを繋ぐツールとして棚SCANをご利用ください。

ご不明点などございましたらお気軽にお問合わせください

株式会社サイバーリンクス 棚POWER事業室 電話番号 06-6398-6965 ©CYBERLINKS CO.,LTD. All Rights Reserved