店POWER 店舗への作業指示

棚割計画後の作業指示書も手間無く作成

棚割の計画を立てた後は、「作業指示書」という形で店舗に案内する必要があります。
店POWERでは、手間無く「追加変更棚割図表」などの指示書を作成することができます。

› 例:追加変更棚割図表

「棚割図」「棚割表」「追加・変更になる商品の情報」を同時に表示します。
追加・変更になる商品を棚割表上で色分け表示することもできます。

商品の画像を利用したビジュアル中心の作業指示書を作成することもできます。

› 例:棚割図

その他の例… 追加変更棚割図 など

商品の画像が無い売場の場合は、実際の商品で棚割を組んだ結果を写真に撮影することで指示書に表示させることもできます。

新旧棚割上の追加・変更商品を調べる作業は不要

作業指示書を作成するには、「現状の棚割と次回の棚割」を比較して、追加・変更になる商品を調べる必要があります。店POWERでは、追加・変更になる商品を自動的に判別しているため、ユーザーの作業負担を大きく減らしています。

複数の帳票を効率的に作成


作業指示書は、複数店舗・複数売場分を一括で作成することができます。
対象店舗・売場・出力帳票を選択すれば、それぞれの作業指示書が一括で作成されます。
帳票は店舗ごと、売場ごとにフォルダを分けて出力させることができるため、大量の帳票を探す手間もかかりません。
更に、「週に1回、棚割変更のある全ての店舗・売場の作業指示書を出力する」といった定期自動出力の設定も可能です。

棚割計画を立てるだけで、指示書を店舗へ自動公開 ~POWER SCREENとの連動~

帳票WEB閲覧システム「POWER SCREEN」を利用すれば、店POWERの作業指示書を店舗に自動公開させることができます。

店POWER上で棚割の計画を立てるだけで指示書が店舗へ公開され、多店舗管理が大きく効率化されます。
また、POWER SCREENの作業完了報告機能を利用すれば、棚割計画の店頭実現状況や、店舗からのコメント確認を手軽に行うことができます。