棚POWER Ver.17までのよくあるご質問はこちら

複数の棚割モデルに陳列している商品をまとめて別商品に差しかえたい

複数の棚割モデル内に陳列している同商品を、まとめて別の商品に差しかえることができます。
たとえば、終売商品を一括で別商品に変更する場合などに便利です。

【対処法】
棚割モデルを閉じた状態にしてください。

  1. [棚割操作]タブ-[一括編集]より、[商品一括入換]を選択します。
  2. [棚割モデル選択]より、差しかえ対象の棚割モデルを選択します。
  3. 画面右上「棚割モデル情報の保存先」を選択します。
    選択モデル情報に上書き保存する‥上記2で選択した棚割モデルを上書きします。
    別モデル情報で新規保存する‥上記2で選択した棚割モデルはそのままに、別の棚割モデルとして変更後の内容を保存します
  4. 「商品一括入換」モードで「商品入換(1対1)」を選択します。
  5. 「共通商品コード(削除)」欄に、棚からカットしたい商品のJANコードを入力します。
  6. 「共通商品コード(挿入)」欄に、カットした商品に代わる商品のJANコードを入力します。
  7. [実行]をクリックして、確認メッセージを[はい]で進めます。

【参考】

  • 陳列の変更前と変更後の棚割モデルをそれぞれ残す場合は、上記手順3の「棚割モデル情報の保存先」は「別モデル情報で新規保存する」を選択します。
    別棚割モデル保存時に、モデル名称などもあらかじめ変更しておきたい場合は、[棚割操作]タブ-[一括編集]-[棚割モデル一括複写]より、棚割モデルのコピーを行なってください。
  • 削除商品・挿入商品共に手入力のほかに[絞込検索]から呼出すことができます。
  • [ファイル読込]から商品の一覧を読込むこともできます。ファイル読込用のファイルフォーマット(ひな形)は、[ファイル保存]より出力可能です。
    また、Excelなどに入力されているJANコードをコピーしてから[貼り付け]をクリックするとコピーしたJANコードを貼りつけることができます。
  • 「陳列済商品の挿入を許可する」を有効にすると、既に棚に陳列されている商品も新たに挿入することができます。
  • 「仮置き商品を入換対象に含める」を無効にすると、棚に陳列されている商品のみを対象に入換ができます。


関連FAQ